渋谷にある英会話教室を調査!おすすめスクール徹底比較! » 目的別に選ぶ英会話教室

目的別に選ぶ英会話教室

英会話スクールには、様々な形態のレッスンがあります。目的も人それぞれです。「日常会話ができるようになりたい」と「ビジネスで堂々と交渉できるようになりたい」では、学ぶべきことが異なります。自分の目的に合うレッスンを選ぶことが大切です。ここでは、レッスン形態や検定試験などについて特徴をまとめました。自分に合うレッスンや目指す試験を決める際の参考にしてください。

早朝英会話

忙しくて英会話を学ぶ時間がないという人におすすめなのが早朝英会話です。朝の時間は他の予定が入りにくく、集中力が高いため、学習を習慣にしやすいという特徴があります。夜型の人には取り入れづらいのがデメリットです。

夜間英会話

朝が苦手な場合は、仕事帰りに勉強できる夜間を利用するといいでしょう。夜は仕事が終わりリラックスした気持ちで学習に取り組めます。仕事を気にせず集中できるでしょう。逆に疲れて集中できないことも。残業や飲み会などで予定の変更が起こりがちです。

外国人講師

英語を母国語としている外国人講師は、ネイティブの発音を学べるのが大きなメリットです。英会話はネイティブの発音を聞き取れないと意味がありません。また外国の文化も教えてもらえます。日本語やカタカナ発音が聞き取れず、レッスンが思うように進まない点や文法を理解しながら進められない点はデメリットと言えるでしょう。

グループレッスン

1人の講師に対して生徒が複数でレッスンを受けるグループレッスン。同じレベルの生徒同士で学びがあったり費用が安い傾向があったりするのがメリットです。仲間がいることでモチベーションも維持できます。発音する機会が少なくなることや自分にピッタリのレッスンとは限らない点はデメリットです。

マンツーマンレッスン

1対1でのレッスンは、自分のレベルや学びたいことに合わせてカスタマイズされたレッスンを受けられます。他の生徒に遠慮することなく、納得いくまで質問したり発音の練習ができたりするのがメリット。ただし費用が割高の傾向があります。モチベーションの維持も自分で工夫する必要があるでしょう。

ビジネス英会話

ビジネスで使う英語のため、仕事で英語を使う人が必要とするスキルです。丁寧でフォーマルな表現が学べます。ビジネス英会話は、文法的に正しい英語であることが多く、定型文も多いため、理解しやすいのがメリットです。表現が硬いため、日常会話には向きません。

英検対策

英検に特化したレッスンを受けられます。受験や就職、留学のために取得する人が多い試験です。英会話教室での英検対策コースでは、試験形式に慣れることで合格を目指します。筆記問題、ヒアリング、スピーキングのスキルを各級のレベルに合わせて学べるのが特徴です。試験対策なので実践的な英会話につながらない可能性があります。

TOEIC対策

日常会話やビジネスシーンで使える英語のコミュニケーション力をスコア化するのがTOEICです。合否ではなく、スコアにより英会話レベルを示します。英会話教室のTOEIC対策では、目標のスコアを決め、必要な英語力を身につけていくのが一般的です。

CASEC

CASECは、オンラインで受験できる英語コミュニケーション能力判定テストです。TOEICスコア換算に対応。24時間365日いつでも受験できます。TOEICが受けられない人やTOEICの練習に受験する人も多いです。対策して挑むというより、受験してみて自分の位置を確認するタイプの試験と言えるでしょう。

日商ビジネス英語検定

英語によるビジネス文書の作成、海外取引に関する実務的な内容等の理解度を問われる検定です。英会話教室では、級に合わせて必要な内容を学習します。会話より英語で書く力に重点を置いている試験です。

国連英検

コミュニケーション能力重視の検定試験です。特A級~E級の6つの級があり、A級以上は面接試験でネイティブの面接官と国際時事に関するディスカッションを行います。英語力だけではなく国際関係に関する知識が必要です。大学の推薦入試や編入試験の評価資格として取り入れている大学も少なくありません。

Linguaskill Business(旧:BULATS)

ビジネスシーンで求められるコミュニケーション能力を測定するテストです。職務内容の説明や省場ルールの説明、顧客への提案や営業活動、苦情対応、マネジメントなど、様々なシーンで使える英語を習得する必要があります。英会話教室では、出題傾向に合わせてリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの四技能を習得できる講座を用意しているところが多いです。

GCAS

ビジネス英語の試験です。対面型のスピーキングテストである点が大きな特徴。ビジネスにおいて、データを分析して説明し相手を納得させることができるレベルの英語力があるかを測定します。英会話教室ではマンツーマンレッスンで流暢な英語を目指しましょう。

TEP TEST

「早稲田大学-ミシガン大学テクニカルライティング検定試験」が正式名称。日本人向けのテストです。化学・技術分野の文書からビジネス通信文まで含めた英文書作成能力を認定します。ライティング能力を測る試験です。産業翻訳のスキルが身につきます。

目的に合わせた講座を受けて英語力を伸ばそう!

英会話教室には、様々なレッスン形態があります。受験や就職、ビジネスなどでは、英語力を認定する試験も数多くあり、目標に合わせて、あるいは力試しのためにチャレンジする人も少なくありません。英語を学ぶ目的を明確にして、目的に合わせた講座を受講するといいでしょう。

スタイル別!渋谷の英会話教室おすすめ3選

「英会話教室」と言っても、費用感やレッスン形態は様々。どこが自分に合っているかなんて正直わかりませんよね。

そんなあなたのために、ここでは渋谷にある英会話教室から気軽に通える継続的に通える短期集中で通えるといった点に着目し、それぞれのおすすめスクールをご紹介します!

あなたのスタイルに合わせて選んでみてください。

まずは気軽に楽しみたい

NOVA

NOVA公式サイト

引用元:NOVA公式HP
(https://www.nova.co.jp/novajiman/)

  • 入会金0円
  • 月謝11,000円(税込)~
  • グループレッスン開講
  • 駅から徒歩1分

NOVA公式HPを
見てみる

継続的に通って力をつける

ミライズ

ミライズ公式サイト

引用元:ミライズ公式HP
(https://eikaiwa.merise.asia/about)

  • 入会金33,000円
  • 月謝11,000円(税込)~
  • マンツーマンレッスン
  • 駅から徒歩2分

ミライズ公式HPを
見てみる

短期集中でキャリアに生かす

Gaba

Gaba公式サイト

引用元:Gaba公式HP
(https://www.gaba.co.jp/lesson/business_beginner.html)

  • 入会金33,000円
  • 6か月351,450円(税込)
  • マンツーマンレッスン
  • 駅から徒歩3分

Gabaの公式HPを
見てみる

※選定基準:Googleで「英会話 渋谷」と検索し、表示された教室のなかから、料金形態(入会金/授業料)が公式サイト上または口コミサイト(※)で明記されている10教室を選定対象にしました。

その中でも、①を満たす教室を「気軽に始められる」教室、②を満たす教室を「継続的に通って力をつけられる」教室、③を満たす教室を「短期集中でキャリアに生かせる」教室として紹介しています。(2022年1月14日調査時点)

①グループレッスン・月謝制に対応できる教室の中で、初月にかかる金額が最も安い教室

②マンツーマン・月謝制に対応できる教室の中で、対面・オンライン・コーチングの3つのプランを提供している唯一の教室

③マンツーマン・回数制に対応できる教室の中で、「ビジネス英会話」を開講している唯一の教室

※参照元:magazine comolib(https://comolib.com/magazine/tokyo-kodomoeikaiwa-select14/2/)